2009年12月22日

iPhone と iPod touch は何が違うのか

最近のモバイルワーカーが持っているガジェットで代表的なものにiPhoneがあります。僕の周りでは急速に普及している感があります。

僕はまだ iPhone を持っていないのですが、外出時のノートパソコンの回線としてイーモバイルの端末 EMONSTER lite (S12HT)があるので、通信費を考え二の足を踏んでいたのです。

そこで考えたのが、iPhone に近い機能を持つ iPod touch と Pocket WiFi の組み合わせ。それなら二重に通信費を負担する必要がなく、コストパフォーマンスに優れています。

しかし、iPhone と iPod touch では微妙に機能が違います。iPhone にあって iPod touch にない機能をいくつか挙げてみます。

まず電話機能。これは別に携帯を持っているひとは不要ですね。

それから、GPSと電子コンパス機能。これがあると地図アプリを使ったときに現在地を表示したり、マップをトレースするときに非常に便利です。

それとマイク、カメラ。カメラはその場で撮った画像をブログやTwitterにアップするときに重宝します。

一方で iPod touch の有利な点は、小型軽量なこと。これは機能の少なさの裏返しですが、薄さの違いは両方持ってみるとわかります。







ソフトバンクの携帯電話は持っているので、iPod touch でもさほど問題ないかなと思っていたのですが、ふとしたきっかけでソフトバンクの携帯自体をiPhoneにリプレースするという選択があることに気付きました。

それなら通信費に無駄がないし、スマートフォン2台持ち歩くだけですみます。なぜ気付かなかったのか不思議ですが、思えばiPhone は電話機だと思っていなかったということですね。電話としての使い勝手はそんなに良くない気もしますが、EMONSTER lite でも通話はできるので、状況によって使い分けてもいいですね。

iPod touch だと、ネットに繋ぎたいときに Pocket WiFi の電源ON、Pocket WiFi への接続動作などが必要になるので、パッとすぐに使えない点もデメリットになるでしょうか。無線LANのアクセスポイントがある場所ならどちらも大差ないと思いますけど。

晴れて iPhone に機種変更をしたら、またここで報告したいと思います。



posted by W-ZERO3 at 11:32 | iPhone
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。