2010年01月01日

iPhone が無線LANルータにつながらない

iPhone を自宅の無線LANルータに接続しようとしてるのですが、すんなり繋がりません。

無線LANルータの機種はバッファローのWHR3-AG54-AL。少し古い機種です。認証方式は WPA-PSK で暗号化は AESです。

メッセージは「ネットワーク"SSID"に接続できません。」


バッファロー製品でも最近の機種はiPhone 3G簡単接続に対応していて、PINコードを入力するだけで済むようです。
iPhone 3G+BUFFALO | 無線LANで楽しむ | 設定ガイド パスワード入力接続(PINコード入力方式) | BUFFALO バッファロー

いろいろ調べているのですが、今のところ、Wi-Fi CERTIFIED の認証を取れていない製品は接続できなくても仕方がないという認識でいます。


IEEE 802.11無線LANとWi-Fiを同一の意味で使う用法が広く見られるが、これは誤用である。Wi-Fi CERTIFIEDロゴを製品に表示するためには認証試験を受け合格する必要があり、それがなされていないものはWi-Fiではない。たとえばFONはWi-Fiであるという言い方をされるがFONが認証を受けたのは2008年11月であり、それ以前のFONはWi-Fiの認証を受けた製品ではなかった。逆にWiFi Allienceが定めたWPA version 1仕様はIEEE802.11のドラフトをもとにした仕様であり、正式のIEEE 802.11とは厳密には異なっている(WPA version 2はIEEE802.11を満たしている)。

WiFi とは - IT用語辞典

このあたりの事情がもとで、接続問題を生んでいると考えます。なので、接続できない場合はWEPに落とすことを推奨しているのは、旧型のルータが発売された時点で仕様が確定していたWEPであれば問題ないと考えているからと思います。

20101月10日追記

少し時間が出来たので、久しぶりに無線LAN接続に挑戦しました。AESからTKIPにしても駄目で、最終的にだめだったらWEP接続で対応することも考えつつ、ルータの設定とにらめっこしていたら、思わぬミスが発覚。

MACアドレス制限をしていたのですが、iPhone のMAXアドレスを間違えていたというオチが。。。WiFi のアドレスではなく Bluetooth のアドレスを指定していました。

ちなみに方式は WPA-PSK(AES)で、iPhone 側は WPA でOKでした。



参考にしたURL

iPod touch、iPhoneをバッファローのAOSS式無線LANにWi-Fi接続する設定方法。 | 和洋風◎ 2007/3/11

iPod_touch - wiki@nothing 2008/4/20

バッファロー、同社無線ルータやNASがiPhone 3Gからの利用に対応 2008/7/11

iPhone 3Gがもっと快適に!! | コレガ
Corega の iPhone 3G と無線LANの接続ガイド




posted by W-ZERO3 at 01:52 | iPhone
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。